下総中山ぬくもり整骨院

不育症

自然(タイミング)で着床することができるのに、育たずに流産や早産、死産を繰り返す病態や症候群を不育症と言います
習慣流産も不育症です妊娠女性の約5%がこの不育症とも言われておりますが、不妊症で悩んであられる方は当然高い数値です。
ならないということです。
読んで欲しい方・胎嚢確認までの流産が多い
・着床しない

ぬくもり鍼灸院での不育症での施術


  • 個人に合った食養生の指導
  • 毛細血管を増やす指導
  • 自律神経の調節
鍼灸施術内容
  • スーパーライザー
  • 鍼灸
  • 整体
  • 微弱電流

まとめ
  • ・睡眠→血流増加
  • ・血糖値→毛細血管
  • ・コレステロール→ホルモン
  • ・クリニックでの診断(薬)
以下説明となります

鍼灸と不育症(不妊症)


鍼灸(東洋医学)から見た時、不育症は子宮・卵巣の周辺組織の循環代謝機能が低下していると考えます。
体の中のめぐりが悪くなると新しい血液が子宮に届かなくなります(当然運ばれる栄養素も大事)
栄養豊富な血液が届かなくなると子宮は着床しても栄養が届かない(育たない)ということが現象が起きます。これが不育症です
毛細血管が少なければいくら血流をよくしても、子宮内膜症や子宮腺筋症などになり結果不育症となるケースもあります。

ぬくもり鍼灸院の不育症対策

栄養豊富な血液を多く送るということは、とても大事なことなのです。船橋ぬくもり鍼灸院では、西洋医学的な局所療法を最大限に活かす生活と鍼灸で子宮・卵巣の機能を改善させ妊娠の維持(継続)を狙っていきます
当院の不育症のケアは不妊症の治療と同様、身体全体と「卵子の質」を向上させていきます。
それと同様子宮、卵巣の環境づくりをして、出産力が身に付きます。これは何かを食べて狙った臓器に行くわけはないので「卵子の質が改善したら身体も改善しているわけです」逆も同じで「全身のアンチエイジングができたら卵子のアンチエイジング」が出来ます

食事や日常生活
注意点・運動・栄養療法を徹底的にアドバイスさせていただきます
妊娠の判定が出た後のアドバイス・施術も任せてください
着床後に不安な方も施術を受け入れますのでお気軽にご相談ください
不育症と鍼灸(栄養学から見る)
コレステロールが低い方が多く感じられます。ほかに見るものは「ビタミンD」、鉄分ですね、そこからビタミンB関連を見るのが大切となります。しかし優先的に見るものはクリニックでので処方された薬となります。しかし「しっかりと生活習慣を変えると」1年後の検査はほとんどの方が改善していきます。

コレステロールが低い→低AMHや卵胞が出にくい方では「不育症」も引っ掛かりやすい、これも良くあることです。(卵胞が出にくい原因の一つで一人一人原因は違うので注意)

コレステロール(悪玉)はホルモンの材料なので・ 細胞の再生・修復が上手くいかない
・ 生理不順の原因となる
・ 月経血の減少(内膜の厚さは関係ない)
・ 子宮内膜が薄くなりやすい
・ホルモン値の流れが良くない
・貧血症状
・不育症の結果が思わしくない
コレステロールは約8割を肝臓で作られておりますが足りない2割は食事で取り入れた動物性食品から作られています
痩せ又は過度なダイエットで食事制限をしコレステロールの摂取が減少すると徐々に血中コレステロールが低下します。不妊症や不育症の方々は無意味な体質改善を目的に、無理な食事制限や食事療法をされる方も良くあります。基本が大切!

このあたりは「健康診断の結果をお持ち下さい」

隠れ貧血からの不育症も多々見られます


1番大切なのは「毛細血管」


凝固因子よりも「毛細血管の量」が1番大切です。
例で例えますと、むくみやすい方・単純に膝から足首が太い方は要注意です
足から見る「毛細血管の量」これが東洋医学的所見といっても良いでしょう、食事の改善をして実行して三か月経過しても改善しない場合は「家ではつま先立ち生活」外では大きな歩幅か暇があれば「アキレス腱伸ばし」、これで毛細血管の量を増やしていくのも大切となります。
ここが鍼灸院や体質改善を狙う院の考えアドバイスする大切なポイントです
毛細血管を作るのを邪魔をするのはインスリンの抵抗性という事で「糖の処理」が大切となります。
受精卵が着床したら栄養を与えるのは「血」です。ただ「むくんで厚い内膜」より「栄養を与える血管が多い内膜」の方が維持はしやすいでしょう
これにより「内膜が厚いから妊娠しやすい」ではなく「内膜は薄くても毛細血管が充実している方が妊娠の維持がしやすい」となります。
もっと簡単に言うと「肥満は栄養不足」と同じですね

プロテインS活性


プロテインSについて
所詮民家療法の私の意見なので聞き流してくださいプロテインS…決して飲むプロテインではありません。プロテインsは、凝固阻害作用を示すプロテインcの補酵素です。活性型プロテインcは、プロテインsを補酵素として凝固因子の失活化を行うので、プロテインs欠損では線溶系の機能が低下し血栓症を発症します。
はぁ…そうですか…そうですかさっぱりわからん!
プロテインSと書くのも面倒なので奴とします。奴が少ないと血栓症の原因となりうる可能性があるという事です。この事なのですが不育症の概念がないクリニックもあるのであまり気にしなくてもよいと思いますが
出てくるんでよね…奴の名前がときどき…しかも癖が悪いことに奴の数値は明確な基準がない!これも嫌いです。
今日いただいたデータでは60~150でした。来週あたり皆さんがすぐに思い浮かべるクリニックのデータも来ると思いますので、基準値の平均値でも調べていこうと思います
そこで気になるのがこやつの仲間としますプロテインC、第12因子なのですが、着床後低下するのはプロテインS…
という事は妊娠中に正常ギリギリだと…(妊娠初期に40~60%低下という記載あり)という事になります。


ぬくもり整骨院・鍼灸院オンライン(LINE)予約

ぬくもり整骨院・鍼灸院電話予約

ぬくもり整骨院・鍼灸院オンライン予約

平日9時~12時、15時~20時土曜日は9時~15時日・祝日は9時~12時
交通事故治療以外の日・祝日の整体予約は2日前までにお願いいたします
ぬくもり整骨院・ぬくもり鍼灸院の地図(下総中山駅北口徒歩1分)千葉県船橋市本中山2丁目22−13−103
JR総武線:下総中山駅北口徒歩1分
京成線:京成中山駅徒歩5分
新型コロナウィルス感染症対策・全員検温・治療毎ベットの消毒・手指アルコール消毒・室内の空間除菌・ドアノブまで消毒をしている整骨院・鍼灸院

JR総武線「西船橋駅」と「本八幡駅」の間「下総中山駅」北口徒歩1分となります

社名 ぬくもり整骨院,ぬくもり鍼灸院
電話番号 047-314-5522
お問合せページ https://下総中山の整骨院.com/contact.html
設立 2007年2月
URL
国家資格 柔道整復師,はり師,きゅう師,あん摩マッサージ指圧師,登録販売者
事業内容 整骨院・鍼灸院・マッサージ院・整体業全般
住所 千葉県船橋市本中山2-22-13-103
設立 2007年2月
最寄り駅 下総中山駅,京成鬼越駅,京成中山駅,京成東中山駅