ホルモン値基準値

これも、個人が持っている数値です。クリニックにより

FSHが○○以上だと採卵・薬などは使用しないなど

色々な基準があると思いますがそれは医師の判断なので素直に従うのが得策ですね

ホルモン値よく悩まれるのはFSHが高いから…ここはよく相談受けますが

FSHが60の周期からでも胚盤胞になる事もありますし

最近ではFSH45からの周期で胚盤胞というのもありますので

FSHが高いからどうのこうの悩むよりは現状を把握して下げる努力をするのも当然ですがまずはストレス=考えすぎない事です

E2に関しては、残卵胞があるかないかですねE2低くて卵胞が見えないのであればじっくり待つ!E2が0もしくは測定不能の周期でも採卵で

しっかり凍結できている方も多くいます。

残卵胞の出現が多いのであればそれの対策をすれば良いと思います

E2が高い場合は残卵胞又は見えている個数が多ければ50越える事もあります(指した回数=全て成熟のケースもありますので)

これも高いから諦めるという話ではないようです。

しっかりと医師の判断に任すこれも重要です。

あとは多嚢胞だったりTESをからめて見るのもありでしょうけど

最近の20~35歳の多嚢胞の方のすね毛(女性に失礼な表現ですが)薄い方多いんですよね…

年代でも多嚢胞気味の方の身体の現れ方が違っています

これは食生活や生活習慣などではないかと思います

血糖値=糖質過剰=テストステロン高いと見るのは危険ですが

やはり制限は必要ですね

また最近では炭水化物を減らしている方が多いですが炭水化物を減らせば良いという事ではなく

逆効果になる事も考えて自分に合ったバランスを考えるのも

良いと思いますD3はとても大切な判断基準でありますが

その周期の卵の質が悪い判断ではなく

採卵に向けての誘発の判断として見るのがD3と考えてみれば

気が楽になるのではないでしょうか?

自然周期でも良いじゃない!

そんな気持ちで挑む!

これ大切だと思います。

とりあえず自分の選んだクリニックですから

医師を信じて行く!これ何回も言いますが重要です

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。