初診の方はお読みください

ぬくもり鍼灸院に初めて来院される方へ

当院は初診の問診に力を入れております。不妊症を専門的に診る鍼灸院ですから西洋医学の知識をしっかり持ち合わせていなければなりません。

病院での血液検査(ホルモン値)や処方されたお薬、パートナーの精液の状態(平均値)不妊治療法をお伺いすること当然ですが、ホルモン値も毎月変わりゆく不妊治療の
的確に患者様の状況を把握しアドバイスをさせて頂きます。

初診時に必要・お読みください

・クリニックで検査したもの(今までの通院記録をプリント・シールのまま全てお持ちください
・健康診断の結果
・セカンドオピニオン(不育・着床障害など)の結果
・非科学的話は苦手 です。
・45歳以上でも受け入れ実績は20%以上(1年以上経過)
・多嚢胞・低AMHも経験・実績ありで安心してください
・10回以上失敗していても半数以上が出産しています
・数年卵胞が見えていなくても8割以上が採卵で移植まで行けている

初診の受付は平日のみとなります。(その後日・祝日の通院は可能)
・初診の予約でのキャンセル・変更はご遠慮ください
・施術は基本週1回、休む前は事前に連絡をください、お受けできなくなる事があります
・現在は鍼ではなくSSPで施術を行っております(鍼はしない)

SSPに変更後の実績

42歳(一人目)の自然妊娠・42歳妊娠・FSH100を超えていた方の二人目の妊娠など例年以上の結果が見込めております。

SSP療法とは「SSP電極を”ツボ”に置き低周波通電を行うツボ表面刺激法」のことをいいます。”SSP”と呼ばれる特殊な金属電極
を用い”ツボ”を刺激点としているところが、この治療法の最大の特徴であります。数ある皮膚表面電気刺激療法のなかでもこのようにツ
ボを明確に治療のターゲットとして定義づけているのは、唯一SSP療法のみです。つまり、SSP療法とは経皮的ツボ電気刺激に他ならないわけです。

着替え着替えは当院で用意しております(ユニクロのメンズ・長袖Tシャツ・長いパンツ)
※メンズ(S・M)を使用するのは首元が緩くないので、下を向く・お辞儀をしても下着などが見えないようにです。
また下のパンツですが縞々がある長いパンツとなります。これな下肢長の左右差や骨盤のねじれなどを確認するために当院指定の着替えをお願いいたします。
また鍼灸をするのは女性鍼灸師となります。整体は私(男)が行いますがほぼ肌を触らないように夏場でも長袖・長いパンツでの施術となります)
シャツを見ていても0.01ミリぐらい・ブツブツなどは探し当てられますので、シャツを着ていても感覚が鈍るようなことはないので安心してください
鍼灸を行う際は、女性が入りベットも完全に仕切られ男性は入ることがないので安心してください

不妊治療の効果「針で」大幅改善(2006年11月10日 読売新聞)

胚移植日に鍼灸治療を行うと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる 妊娠率22%→36%

2006年デンマークからの発表Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

体外受精例に鍼灸治療を3回行い、はり治療群に妊娠率が高かった 妊娠率13.8%→28.4%

2006年ドイツからの発表 Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

体外受精例に針灸治療を3回行い、針治療群に妊娠率が高かった 妊娠率23%→31%

2006年オーストラリアからの報告Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

体外受精と併用された針灸治療は妊娠率を向上させる

2008年アメリカからの報告 Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

はり療法を併用した胚移植は、はり治療を受けた群の臨床的妊娠は1.65倍高く、継続中の妊娠は 1.87倍、生児分娩率は1.91倍

当院は絶対に雑誌などの広告はしません掲載されました→広告です。よく無料で雑誌にとかもありますが断っております