実績経験NO.1の不妊鍼灸

報告

新着情報

この方もAIHからの採卵、移植卒業、年齢も41歳と普通に見ると面白くないのですが
・クリニックで陰性そして陽性→胎嚢→流産
・二回目も流産ときて何か嫌な予感がして、転院してもらい
そのまま採卵・着床・今週卒業となる方です

こんもケースも良くあるのですが、判定日について思う事は多々あります。
判定日のhcgが少ないや尿検査のクリニックもまだありますが少しでも可能性があるのであれば薬は継続するべきなのではないか?
これは本人も諦めモードになり早くテープを外したい、薬をやめて早く次に進みたい、ありますよね
基本は少しでも可能性があれば継続させるクリニックは多いですが
去年の時点では新しめでまだ探っていたクリニックなのでこう来たかという感じでもありました

この辺はよくある出血ですが基本は無視をしていきます。茶おりや経血があれば安静これが1番です
この辺はご主人の転勤もあり、転院先も探っていたりとしていた時期ですね


2回目の移植です。この辺はhcgはどうでも良いのですが
そこからがhcgの流れや胎嚢から心拍までのタイミングなどないか怪しい感じがしていて
採卵もあと1回で治療をやめるという事で
どうにかうまく行くように、近いから、通いやすいなどは無視して強引に決めさせていただきました
「転院してしまえ!」

卵子・精子共に質は問題ないので採卵・凍結の話はやめときますが
今回は不育症でも何を使うか?これは非常に重要で何を使用するかは医師ですこれは患者さんや私みたいなのが言っても話にならないので
何々を使用するクリニックを選ぶだけ
自然周期のクリニックにいきスプレキュアではなくhcgでお願いしますと言うのと同じです。医師にも信念があるわけですが方針を選びクリニックに決めるのも良いと思います

で着床も毎回しているのでこの辺も問題はなく、今週卒業です

過去の妊娠・採卵結果報告