市川ぬくもり整骨院の胸郭出口症候群

腰部脊柱管狭窄とは、腰の部分の椎骨の脊柱管が狭くなりその中を通る神経が圧迫されて、腰部からの神経(腰痛だけでなく下半身のしびれや痛みなどが起こる)ものです

原因としては加齢によって椎骨が変形・脊柱管の後側の靭帯が厚くなったりすること

基本は60代からですが40代後半から発症し悪くなっていく方もいます

※国内の患者数は240万人約70%は70歳以上であり70歳以上に限ってみると、女性患者が男性患者の2倍となります高齢女性の多くが苦しんでいる症状です

 

腰部脊柱管狭さくは、筋肉・関節などの運動機能が障害されることにより

立つ、歩くといった機能が低下するロコモティブ・シンドロームの1つと言われております

50m歩行するたびに休まないと歩けないなど、(間欠性間欠跛行)腰を曲げると楽になる場合は注意が必要です


電話番号
しびれを解放
脊柱管狭窄症といえば坐骨神経しかも厄介なのが両側性の方が非常に多いという事です。市川だけではなく船橋、神奈川など関東中から悩みを抱えた患者さんがあるまる整骨院です
LINE

診療時間

脊柱管狭窄症の症状チェックシート
脊柱管狭窄症チェック

上記にある「症状チェック」の表にある症状のうち、当てはまる項目が多い人ほど、腰部脊柱管狭さくである可能性が高くなります。腰部脊柱管狭窄症では現れる症状が脚のしびれや痛みで大腿部~下腿部には必ず違和感が起きます。腰部や臀部には痛みがない場合もありますので注意してくださいしかし原因は腰部~臀部にかけての施術をすることで改善に向かう方も非常に多くいますがやはり全体を見ることが大切ですね


腰部脊柱管狭窄とは、腰の部分の椎骨の脊柱管が狭くなりその中を通る神経が圧迫されて、腰部からの神経(腰痛だけでなく下半身のしびれや痛みなどが起こる)ものです
原因としては加齢によって椎骨が変形・脊柱管の後側の靭帯が厚くなったりすること基本は60代からですが
40代後半から発症し悪くなっていく方もいます
※国内の患者数は240万人約70%は70歳以上であり70歳以上に限ってみると、女性患者が男性患者の2倍となります高齢女性の多くが苦しんでいる症状です腰部脊柱管狭窄症は
筋肉・関節などの運動機能が障害されることにより立つ、歩くといった機能が低下する
ロコモティブ・シンドロームの1つと言われております50m歩行するたびに休まないと歩けないなど、(間欠性間欠跛行)腰を曲げると楽になる場合は注意が必要です

市川で選ばれ続ける整骨院

20年以上の経験

船橋市ぬくもり整骨院

脊柱管狭窄症4000円