美容鍼

内出血について

美容鍼での内出血について

当院では内出血が出てしまう例は200人に一人ぐらいです。これは1年で2回あるかないかですね、どうしても技術の面は置いてもその時の調子や、内出血が非常に起きやすい方もいます。もし内出血が起きた場合は次の施術などにその話をしていただければ次は起きないように鍼をかえていきますので効果を感じたけど少し怖いなと思いますが安心してください

内出血が起きた場合の対処法

基本的に無理な本数や低周波を流さない限りはファンデーションで隠れますので少し濃い色などにしていただければ2,3日で吸収され目立たなくなります。

ここでは無理に冷やしたり、ばんそうこうなどは必要はありません

もし電流などを流していて少し奥に塊があるような感じでしたら専門医に相談しても良いと思います。

当院の微弱電流について

先ほど電流(パルス・低周波)の話をしておりましたが、当院で使用する電気は「微弱電流」となりますので安心して下さい、当院にはもちろん「パルス」は用意しておりますが、顔面神経麻痺などでの施術では「パルス」は悪化をする恐れがあるという報告もあります。しかし「微弱電流」は形成外科や皮膚科でも使用されている医院も多く、肌の質を改善させる働きもあり、尚且つ安全な電気です