胸郭出口症候の施術


胸郭出口症候群とは斜角筋・鎖骨・第1肋骨・小円筋からなる
「胸郭」=神経の通り道がなんらかの原因で圧迫され神経、血管を圧迫、牽引され血液が充分にいきわらなくなり手が冷たく感じたり、神経が圧迫され腕が痺れたりします

この症状は最近多く原因としては
猫背〔首猫背・腕猫背〕が多く胸郭が狭くなり起きます

次に多いのがなで肩の女性です

真正面から鎖骨を見るとV字ではなく見かけは綺麗ですがT字になっており鎖骨が下方に下がる分、小胸筋により神経が圧迫もしくは斜角筋がけん引され神経を圧迫します

施術として大切なのは胸郭を解放してあげるかです

ここがポイントとなります
実は胸郭出口症候群とは
斜角筋症候群
過外転症候群
肋鎖症候群と分かれ

圧迫されている所を突き止め施術をしなくてはいけません

斜角筋症候群
中斜角筋
前斜角筋
第1肋骨
ここを通る腕神経叢・鎖骨下動脈が悪さをします。

過外転症候群
腕を外転〔腕を真横にあげる〕した時に小胸筋と烏口突起により圧迫を受け症状がでます。

まずはこのタイプを見極めどうして胸郭出口症候群の症状が出てしまうのか?
これを突き止め症状を緩和しながらまた症候がでないような施術、ストレッチを指導しています。


選ばれる胸郭出口症候群
神経症状の緩和にはハイボルトで成果を上げていますが問題はどこからどこにかけるか?
電気といいましても使い方によって非常に効果の違いが出てきます。やはり胸郭出口症候群の施術が得意な所はしっかりと部位を心得ていると思います
ハイボルテージ治療

初めての方も安心の整骨院

電話番号LINE
診療時間

最近多い胸郭出口症候群


ぬくもり整骨院が胸郭出口症候群で思う事

下総中山ぬくもり整骨院は他の整骨院と違いやはり得意な施術しかいたしません

私も20年以上この業界で施術をしておりますが

全て施術ができる先生は見たことがありません

改善できない症状・得意でもない症状を得意として記述するは私はく

苦手です。やはり自信がある施術をしっかりとこなし極める
これが胸郭出口症候群でも当てはまると考えております

胸郭出口症候群を施術するうえで大切なのはまず3つのポイント

そこにどうやってアプローチをするのか?

これが非常に大切になります
痛い所をマッサージしてこれは首から骨盤からと言われ追加料金を取ろうとする施術も私は苦手で席る施術をしっかりとこなすこれが1番だと考えております

来院が多いメニュー