交通事故治療は平日夜11時まで駐車場あります

胸郭出口症候群には、以下のように分類があり

頚肋症候群
肋鎖症候群
斜角筋症候群
過外転症候群(小胸筋症候群)
第一肋骨症候群

胸郭出口症候群の型についてはしては以下のようなものに分けられます

神経型…アドソンテスト陽性、ルーステスト陽性、チネル徴候陽性 90%以上で鎖骨上と前胸壁に灼熱痛・尺骨神経領域に局所痛と感覚異常が出るもの
鎖骨の圧痛、腕神経叢引っ張りテスト陽性反応
手の内在筋衰弱、母指球筋または小指球筋のしびれ・むちうち症を経験
キーボード・ファイリング(反復的上肢運動)や
持ち上げ作業(頭上挙上運動)を今までに経験された方が多い

静脈型 第一肋骨・前斜角筋・鎖骨・肋烏口靱帯による鎖骨下動脈外部圧迫が伴われます
動脈型…ワイリーアレンテスト陽性
前斜角筋、中斜角筋間の鎖骨下動脈の圧迫が伴われます
鎖骨下動脈瘤を引き起こすことが多く、アテローム塞栓による指の虚血が伴われる
動脈が疑われる場合は適切な病院を紹介いたします

胸郭出口症候群の治療器
電話番号LINE
診療時間

トリガーポイント


市川周辺で胸郭出口症候群の方が当院に集まります

胸郭出口症候群の症状

代表的な症状としては上肢全体や指先全体にしびれ・痛み・冷感を訴える方が多いとううのが特徴です
肩こりがひどい人が肩こりがひどく痺れているなどと言いますが実は神経や血管を圧迫しておるからで胸郭出口症候群が疑われるケースが多いです
また女性ではなで肩・腕猫背の方が多いのも特徴と萎えいます
デスクワークやパソコンが多いk多などの職業は長時間、腕の血管を圧迫するような姿勢をとる為に起きやすいです