下総中山ぬくもり整骨院、保険が適応となるもの

捻挫をしたら
しっかりと固定をしてくれる院で。
最近の整骨院では捻挫をして来院しても包帯や固定を行わず帰らしてしまうことも多いようですが、松葉杖もな整骨院も珍しくない時代になってしまいました。捻挫はやはり固定をした方が治りもはやいですし安心ですよね?ぬくもりでは当然、各種の固定具(シーネ)や包帯、テーピングなど色々な怪我に対応できるように揃えております
ぬくもり整骨院のテーピング

捻挫のポイント
捻挫は初めの処置(固定)で痛みが治まる(治癒)が非常に変わります

たかが捻挫ではじめは痛むなくとも2,3週間痛みが続く場合もあります

しかし初めの処置でしっかりと固定と施術を行うとスポーツでも復帰できる期間が非常に早くなります

やはり外傷(怪我)が見れる整骨院を選んでください
電話番号
診療時間

日曜日や祝日に怪我をしてしまったら、電話は24時まで繋がります

選ばれる理由
下総中山で日曜・祝日に診療が行える整骨院それはぬくもり整骨院、怪我をしていたけど処置ができない…そういう場合はお電話ください応急処置を施します

捻挫の処置

  • 捻挫とは靭帯の損傷です

    スポーツをしているときに転んだり捻ったり、着地に失敗した時などにおこる「捻ったことによる捻挫(ねんざ)」日常的に起こる怪我といえます
    軽く考えがちですが捻挫と言うものは靭帯損傷、つまりれっきとした怪我となります
    靭帯とは関節にある繊維性の組織で骨と骨を繋ぎ、関節の動きを安定させ、関節を動かす役割を持っています
    それが捻ったり過度に伸ばしたりして部分的に靭帯が切れたり(部分断裂)や完全に切れてしまった状態を靭帯損傷といいます
    症状が軽い場合は、簡単な処置で、短期間で治ることもあります

    捻挫(ねんざ)をしたら、
    すぐにRICE(ライス)処置(上記の図)
    捻挫(ねんざ)は、医学的に3つの段階に分類されています
    立てるけど歩けない、立つこともできないとなると重症の可能性があり、複数の靭帯が損傷していることもありますので注意が必要となります
    患部が腫れたり内出血が起こる事もあります。こうなると部分段れるが起きている可能性がありますのでしっかりとした整骨院や整形外科に受診をし固定をしてもらう事が大切となります

ぬくもりの特徴と人気メニュー

  • 固定材料も当然あります(整骨院では基本のものですが)

    いわゆるギプスなどと言われる(プライトン・キャストライト)など各部位に合わせた固定材料を揃えておりますので安心してください

  • キネシオにしても用途に合わせ、ほぼ揃っております

    よく使われるキネシオテープ…実はこれも生活スタイルや競技により使い分けをするのが、スポーツに強い整骨院です。下総中山ぬくもり整骨院では当然スポーツ選手を良く見る為にほぼ全種類を揃えております(太さや素材が同じものは他メーカのものは買わない為)

  • 完全に院長による施術

    おかげさまで、なぜか有名人の方を施術する事が多々あります。これは口コミによるものですが、日々努力を重ねて現在に至ります。もちろん誰がきているなどくだらない記載は致しません(ぬくもりは有名人を使用した広告料などには一切必要でないし、所属事務所との兼ね合いもあります)
    捻挫とは文字通り関節を「捻り挫く」事をいい、骨と骨を繋ぐ可動部関節周辺部位の損傷です
    関節を包む関節包や靭帯及び軟部組織を損傷した状態を指します
    生理的可動許容範囲を超えた動きが強要される為、関節周囲の組織の損傷は必ず起こります
    多くは損傷に連動して患部に痛みや腫脹、熱感等の炎症を引き起こします
    関節がある部位なら場所を限定せず全身に起こる可能性があります
    ぎっくり腰やムチウチの一部は、それぞれ腰椎・頚椎捻挫を起こした状態です

    スポーツ(サッカー・野球・バレーボール・テニス)
    などの転倒などによる突発的な外傷は、スポーツ外傷と呼ばれております
    スポーツ障害とは区別されておりスポーツ外傷には骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなどがある。
    日常生活で起こる怪我と同じようなものが多い(関節の可動域から見た場合)

    原因がはっきりとした場合の痛みは健康保険が適応されます
    テニス肘→健康保険は使えない
    テニスをしている最中に怪我をした→健康保険使える

    仕事中での怪我は労災扱いとなります
    学校の部活や授業で怪我をした→これは健康保険が適応できます

来院が多いメニュー