下総中山ぬくもり整骨院

ぬくもりの鍼

まずは使用している鍼の説明です
高品質な鍼を使用

当院は鍼の受注も業界トップクラスです。そのおかげでセイリン日本の最大のブランドの方も近くにいらっしゃると必ずいらしてくれて、最近の流れもよく聞きます

また当院の考えもしっかりと話提案も良くさせていただきます

鍼は伝統的な古典

ぬくもりのメインは整体
鍼に関してはこれは科学的に証明されていおる子宮の血流があがった経絡を使用しており、無駄なパフォーマンス的な部分は押さえております。これは美容鍼もそうなのですが一杯鍼をすれば良いというわけではありません。まだな事で単価を上げる事はナンセンスです

鍼をしながら何を行うのか?

  • インスリンの抵抗性を下げる何かをします
インスリンの抵抗性を下げるとどうなるか?
毛細血管が増えますこれは単純に内膜が厚くではなくしっかりと強い内膜を作ります
これは当院では良くも悪くも色々なブログに書かれていますが、流産を関係なしでみると着床率は8割を越えています。
  • 多嚢胞に関しても非常に効果 多嚢胞と言えば
    テストステロンとインスリンの抵抗性 、これは単なる糖質制限ではなくいかに血糖値の上昇を抑えていくか?これが非常に大切となります
  • 卵胞が見えないなどの低AMH
    これは単純に卵巣が機能しない、脳からの信号となります 。脳からなのか?卵巣なのか卵巣と子宮のバランスが悪いのか?まずはここはホルモン値と健康診断や血液検査の結果を見てホルモンの材料をみて、アドバイスし改善していきます

不妊も融合

LINE

電話番号私のアメブロからの抜粋です

インスリンの抵抗性=排卵に影響するなどの発想でも

普段の食生活に変化を与えられたらなと思いだしておきます

すいません時間がないのでUpだけですがこれをもとに話しているのもあるんだよという例ですhttp://www.jsog.or.jp/PDF/59/5909-442.pdf
卵・卵胞の成熟を考えると, 障害である排卵障害が大きな問題であり,

in vivoとin vitroの区別は専門分野で異なり、
例えば内分泌や環境化学等の暴露実験では、マウス等に直接薬品を投与をした場合にin vivo組織や細胞をシャーレや試験管で暴露させた場合に、in vitroという表現を使用しますhypergonadotropic hypogonadism=高ゴナドトロピン性性腺機能低下症in vitro maturation=体外成熟培養(IVM)=ホルモン剤などを添加した専用の培養液で1~2日培養し、体外で成熟させる方法です


本当の体質改善について

骨盤矯正について
ぬくもりでもそうですが、
子宮の動きを助ける骨盤矯正と
普通にある骨盤矯正とは、これも全く異なります。
産後の骨盤矯正で、方向性を図形にすると三角形になる感じです。

不妊症に関しての骨盤矯正は締めない骨盤矯正となります、内膜をふっくら、子宮が大きくなると同時に仙腸関節がスムーズに動くようにしないと
いけないと私は考えており、あえて遊びを作る骨盤矯正のスタイルをとっております。

ちなみにこれは締める骨盤矯正とは違うのは、ぬくもりに来院されてる方は聞いた事があるかもしれませんが、

締める産後の骨盤矯正の場合、片方の骨盤矯正を行い利用者さんにお尻を触っていただき実感なければお金をもらわないスタイルをとっております。

一応技術はあるけど、子供を作りやすい体質をと狙っている施術ではあえて遊びを作る骨盤矯正を選択しております。

で話は戻りますが
なぜ骨盤を緩めるのかと言うのですが、
子宮は筋肉で出来ており意思で動かせない筋肉(平滑筋)です。

平滑筋と言うのはホルモンや自律神経で動きます。自律神経と言えば交感神経と副交感神経です。そう来ると


はいはいまたここに来ますがストレスですね…
平滑筋というのは神経がキューっと緊張をしてしまいます。
筋肉が緊張すると言う事は収縮すると同じ意味で、それでは血流も悪く、筋肉は疲れてしまいますよね?

筋肉からみても、ストレスの負荷が続くと子宮にも悪いと言う事です。

気持ちも骨盤も緩めで頑張りましょう!
昔のブログから

卵胞液中のAGE

AGEはARTの卵胞発育・受精・胚発育・妊娠成否とよく相間する

AGE蓄積は卵巣機能障害の新しい指標で治療可能な早期診断に有効

(金沢医科大学総合医学研究所~)

インスリンの抵抗性が増大し結果としてアンドロゲン産生が増え

卵巣機能の劣化原因となる

高血糖状態では身体内で糖化反応が亢進し卵巣組織や卵胞液中の

糖化反応最終生成物(AGE)の蓄積量が増加する

(同志社大学)

難しい話ですが回避する為には少しの工夫で変化させる事ができると思います

多嚢胞も含め、良い卵子という意味でも最近ではインスリンの抵抗性について話がでる事が多くなっていますね
(基本的には食事でお話をしている事が多いのですが、アプローチしてみました)

所詮民間療法の意見ですから、話半分でお願いします。

鍼灸でもこの話題は出ておりますが
このひねくれ者は違う視点からとらえて、施術に取り入れてみようかと思います。

K大学の論文からの応用したものなのですが

副腎めがけてあるものをかけお腹側から遠赤外線で温熱療法
(マイクロ・サンビーマーもありますが、あえて遠赤でおこなってみました)

やく20分の施術後、背中が熱くなったとのことで

正直どういう働きが起きたかかわわりません…
というか予想でも発言できないのですが


卵巣めがけても良かったのか…

刺激が全くないものなので問題はないはず…

高温期のP4しだいで、次の採卵をどうするか

非常に悩みどころで、もう迷いがですぎますね

高温期はP4
低温期はE2の視点でみるとどうなるか…

またそれに伴いFSHはどう変化していくか

悩みどころ満載ですよね

またこの実験というか…これは高温期に毎日行っても問題はないと思いますので
時間がある方で、妊娠の可能性がない高温期の方は
毎日来ていただいても大丈夫です(当然利用者さんは無料で行います)

良かれと思う事は毎日行う!設備がないものは来院していただいても大丈夫です。

あとサプリではないポリフェノール(今回は大豆イソフラボン)
も少し場合によっては見直しが必要と考えています

うちで初の豆乳を飲んでみましょうか…発言が
現在飲まれている方は、できたら無調整が良いと思われます。
気持ですが鉄分も摂取できます。

一人ひとりひとり施術やアドバイスも異なり
もはや覚えられてない部分が最近増えてきておりますが
すいません。まだ字が長々と書けません