下総中山ぬくもり整骨院

不妊症と鍼灸

まずは使用している鍼の説明です
高品質な鍼を使用

当院は鍼の受注も業界トップクラスです。そのおかげでセイリン日本の最大のブランドの方も近くにいらっしゃると必ずいらしてくれて、最近の流れもよく聞きます

また当院の考えもしっかりと話提案も良くさせていただきます

鍼は伝統的な古典

ぬくもりのメインは整体
鍼に関してはこれは科学的に証明されていおる子宮の血流があがった経絡を使用しており、無駄なパフォーマンス的な部分は押さえております。これは美容鍼もそうなのですが一杯鍼をすれば良いというわけではありません。まだな事で単価を上げる事はナンセンスです

鍼をしながら何を行うのか?

  • インスリンの抵抗性を下げる何かをします
インスリンの抵抗性を下げるとどうなるか?
毛細血管が増えますこれは単純に内膜が厚くではなくしっかりと強い内膜を作ります
これは当院では良くも悪くも色々なブログに書かれていますが、流産を関係なしでみると着床率は8割を越えています。
  • 多嚢胞に関しても非常に効果 多嚢胞と言えば
    テストステロンとインスリンの抵抗性 、これは単なる糖質制限ではなくいかに血糖値の上昇を抑えていくか?これが非常に大切となります
  • 卵胞が見えないなどの低AMH
    これは単純に卵巣が機能しない、脳からの信号となります 。脳からなのか?卵巣なのか卵巣と子宮のバランスが悪いのか?まずはここはホルモン値と健康診断や血液検査の結果を見てホルモンの材料をみて、アドバイスし改善していきます

不妊も融合

LINE

不妊治療の効果「針で」大幅改善(2006年11月10日 読売新聞)
胚移植日に鍼灸治療を行うと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる 妊娠率22%→36%

2006年デンマークからの発表Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌) 体外受精例に鍼灸治療を3回行い、はり治療群に妊娠率が高かった 妊娠率13.8%→28.4%

2006年ドイツからの発表 Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌) 体外受精例に針灸治療を3回行い、針治療群に妊娠率が高かった 妊娠率23%→31%

2006年オーストラリアからの報告Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌) 体外受精と併用された針灸治療は妊娠率を向上させる

2008年アメリカからの報告 Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌) はり療法を併用した胚移植は、はり治療を受けた群の臨床的妊娠は1.65倍高く、継続中の妊娠は 1.87倍、生児分娩率は1.91倍

本当の体質改善について