おしらせ・ニュース

顔面神経麻痺の改善例|市川市54歳女性|ぬくもり鍼灸院

主訴:顔面神経麻痺 千葉県市川市在住  54歳 女性 主婦

既往歴:なし

【来院時の様子】
病歴:
過労とストレスで体力が落ちていた際に顔が固くなり気が付いたら
顔面神経麻痺と診断され投薬を続けていたが余り改善されていないとの事で来院

【2020年、ぬくもり鍼灸院に来院】
望診(西洋医学では視診)
右側の顔面麻痺
・両方の瞼を閉じようにも右瞼のみ閉じれず、白目を向いた状態に
・右口角が下がり への字になっている。
口が上手く開けられず、咀嚼が少し困難になっている為
飲み物を飲むのも当然、食事が思うように摂取できず少し疲れている

顔面神経麻痺が発症してから1か月後に来院されました。医院との併用で行いました

40点法(柳原法)

顔面神経麻痺の評価法として日本中で広く使用されている『柳原40点法』ですが当院でも顔面神経麻痺の施術評価として柳原法(表情筋スコア)を使用しております

正常少し弱い出来ない
安静時非対称4点2点0点
額のしわ寄せ4点2点0点
軽い閉眼4点2点0点
片目つむり4点2点0点
鼻翼のふくらませ4点2点0点
頬のふくらませ4点2点0点
口笛運動4点2点0点
「イー」という口4点2点0点
口をへの字に曲げる4点2点0点

この顔面神経麻痺に対する評価法ですが

見た目で評価できるのが東洋医学にも良い所ですね、また自分で確認できる所も素晴らしく余り改善していないのではないか?と落ち込む方もいますが、都度確認するとモチベーションも上がり改善に向かうと考えております

顔面神経麻痺の施術開始

2回目(初診時の指針は上部に)
スーパーライザー・鍼灸・整体・微弱電流での施術

初回での施術で大きな変化ないがマッサージも併用での効果か顔の皮膚が柔らかくなったようなきがする

3回目(顔面神経麻痺での施術)

2回目の施術直後に右瞼少し閉じれるようになったが元に戻ってしまった
安静時のへの字口(右口角)は左の高さに近づいてきた、施術後から夜の睡眠時間が増えてきた

顔面神経麻痺での通院は2週間に1回、柳原法での採点は18点

4回目・5回目・6回目(顔面神経麻痺コース)

右の瞼に関しては、意識をすれば閉じれるようになり涙が非常に減ってきた。また睡眠時間も安定して取れるようになり、気持ちの部分もだいぶ改善してきた、まだ口角、額のシワが左右で違いがある

柳原法での採点は26点

7回目(顔面神経麻痺コース)

安静時(施術台で仰向け)の状態では口角の高さが同じで、歯を磨き口をゆすいでも水がこぼれなくなっていた。

また目を閉じる動作も右はやや遅れるが、いしっかりと閉じれている、若干だが眉を上にあげる動作をした際、額のシワの方数が左右似てきている

柳原法での採点は32点

8回・9回目(顔面神経麻痺コース)

右瞼、口角共に正常

多少差があるが、久しぶりに会う友人などは顔面神経麻痺になっていた事に気が付かず喜んでいた。

柳原法での採点は34点

10・11回目(顔面神経麻痺コース)

ほぼ普通の動作をしても不便を感じることなく生活が出来るようになったので卒業させていただきました。

柳原法での採点は36点

美容鍼の関連記事